3度目の被災地 文化支援芸術活動

6 12 2011

11月20日、3度目となる宮城県石巻市内での

文化支援活動のご報告をいたします。

今回は、津波で多大な被害を受けた石巻市立大川小学校の

PTAと教務主任の先生からご依頼を受け、日曜日の特別授業で

大川小1年生との「楽描♪アートセッション」を行なう為にお伺いいたしました。

この日は、仮校舎となる飯野川第一小学校での学習発表会の日なので

他にも多くの生徒達のステージや授業が行なわれており

地域の方々も沢山集まって賑わっていました。

子ども達も気さくな森田とすぐに打ち解け合い、心を開き、

今回も素晴らしいセッションとなりました。

 

完成された3.5メートルのエネルギー溢れる元気な作品は、

校内に飾られることになりました。

一緒にお届けした、静岡県立榛原高等学校

 

家庭部の皆様と共作いたしました「応援フラッグ」も

併せて校内に飾っていただきました。

ご覧になる皆様が少しでも明るく元気になっていただければ幸いと思います。

また、ぺんてる株式会社様よりお預かりしたお絵かき画材一式も1、2年生に

お贈りすることが出来ました。

 

授業終了後は、体育館で行なわれた生徒達のステージを拝見いたしました。

5月にお伺いした時は、避難所となっていた体育館も本来の姿に戻り

地域の皆様の元気なお姿をご拝見できましたこと、

私達にも大変励みとなりました。

その後、7月にお伺いした石巻市立飯野川保育所に再びお伺いし

キルトアーチストの大薗香代子先生、生徒の皆様、保土ヶ谷公園近隣の

皆様から寄せられたお菓子と株式会社パッチワーク通信社様からお預かりした

ロシア、フランス、アメリカのパッチワークキルト愛好家の皆様より

届いたキルト作品をお届けいたしました。

被災地の皆様のご健康と一日も早い復旧、復興をお祈りしております。

誠に有り難うございました。

私達の活動は、小さな活動ですが、これからも継続して

石巻の皆様と交流を重ねてまいります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

そして、この活動に各団体から多大なるご協力とご支援をいただきました

パルシステム神奈川ゆめコープ様、大薗香代子様、

キルトジョイ、キルトハーモニーの皆様、

横浜市初音ヶ丘地区の皆様、「えこころワークショップ」ご参加の皆様、

「えこころ」作品ご購入の皆様よりご寄付いただきました義援金の

81,600円は、この活動の経費として活用させていただきました。

また、物資をご寄付いただきました、ぺんてる株式会社様、

株式会社パッチワーク通信社様、キルトジョイ、キルトハーモニーの皆様、

「応援フラッグ」制作の静岡県立榛原高等学校家庭部の皆様、

保土ヶ谷公園近隣の皆様、「楽描」メンバーの皆様、

並びに Gallerycoen様、ZAIMCAFE様、

心より感謝と御礼を申しあげます。

「えこころプロジェクト」実行委員会、JAPORHYTHM・森田ヒロ、小川眞理子

* 写真の無断掲載、転送は、固くお断りいたします。

広告

操作

情報




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。